fermongの万年筆

本、映画、街歩きで見た、聞いた、感じたことについて

ブログ、意外と長続きしませんね〜

 こんにちは。femongです。

 その場の思いつきで初めたこのブログですが、私の性格上案の定長続きせず、横須賀の記事と幾つかの映画の記事を小出しで公開してほったらかしにしてしまっておりました。

 自分の考えをドバッと放出するつもりが、いざ書いてみると自分の考えを言葉にするのが難しい。筆が進まない。なんだかめんどくさい。おかげで最初は満ち溢れたやる気も、きちっと締められてない蛇口のごとくちょろちょろとしか出てこなくなり、やがて枯渇してしまったという有様でございます。

 そういったやる気、すなわち自分の考えを言葉にして発表したいっていう気概がどこから来るのか考えてみると、結局承認欲求に落ち着くんだと思います。現代の若者はあらかたSNSを使って自らの承認欲求を満たしています。「いいね」「リツイート」が欲しい!という風に。

 そもそもTwitterFacebookのような現代のSNSでは、人とつながることが主眼に置かれていますから、それによって承認欲求が満たされるというのもそうした「人との繋がり」によるところが大きいんだと思います。例えば何か投稿する、そうすると大したことがない内容であったとしても仲のいい繋がっている人たちが「いいね」を返してくれるわけです。

 でもブログというメディアは、人とのつながりを主眼にしているわけではありません(まあそういった機能もありますが)。他者からの承認をブログを書くことで受けようと思えば、むしろ記事の内容や読みやすさが勝負になってきます。そういったカラクリを知らないまま、現代のSNSにどっぷり浸かった状態でブログを初めても、なんだか想像していたのと違う、頑張って書いても誰もいいねもくれないしコメントもしてくれない、面白くない、となってしまうのかなあ?と考えたりしています。少なくとも私がブログを放棄してしまったのもそういう理由ですね^^; もうすっかりSNSスタイルの承認欲求の満たし方──他者からの承認という対価が予定調和的に得られる──に飼い慣らされてしまっていて、ブログのようにコンテンツ重視、いわば実力主義の世界に相対してすっかり萎縮しまったわけでございます。それは私に限らないようで、他の更新がないブログを幾つか拝見しましたが、やはり初期の段階で挫折しているものが最も多い印象を受けました。コンテンツを充実させて閲覧者数を稼いでいけばブログでも承認欲求が満たされていくのでしょうが、そこに至るまでが茨の道だと感じます。

 一度は放棄したブログですが、承認欲求は別の手段で満たすことにして(笑)ちょこちょこ更新していけたらと思います〜。