読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fermongの万年筆

本、映画、街歩きで見た、聞いた、感じたことについて

映画レビュー Vol.1 「カッコーの巣の上で」のねじれ構造

こんにちは、fermongです。

1975年公開のアメリカ映画、「カッコーの巣の上で」を鑑賞しました。非常に良く出来たヒューマンドラマだと思うと同時に、なぜか作品に入り込めない部分があったのでその理由を考察してみました。

 

基本情報

刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装い、精神病院に入ったマクマーフィは、絶対的な管理体制をしくラチェット婦長のやり方に反発を覚える。マクマーフィは、管理されることに慣れ、無気力になっていた入院患者たちに生きる希望と活力を与えようとするが……。人間の尊厳と社会の不条理を描いたヒューマンドラマの名作。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞ジャック・ニコルソン)、助演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)ほか主要5部門を受賞した。

引用元:

 

レビュー (ネタバレ注意)

結論から言えば、良く出来たヒューマンドラマだと思います。精神異常のフリをして病院に潜り込むジャック・ニコルソン演じるマクマーフィ。最初は彼に不信感を隠さない入院患者たちですが、彼に連れられて一時的に刑務所を離れ釣りに出かけたり、バスケットボールに興じたりする中で徐々にマクマーフィを認め、信頼していく彼ら。彼が脱走しようとする際には、皆名残惜しそうに彼に別れの言葉をかけます。ただこの脱走計画も酒に溺れたマクマーフィが眠ってしまい、失敗に終わるわけですが…。

 彼ら入院患者の中でも異彩を放っていたのが耳の聞こえないインディアンのチーフです。耳が聞こえないにも関わらず好意的に接してくれたマクマーフィに対し心を許すようになり、乱闘騒ぎでマクマーフィが看守(?)に押さえつけられた際もチーフは彼を助けようとします。その結果2人は別室へと連れられるわけですが、そこでチーフが、本当は耳が聞こえるのだ、とマクマーフィに告げます。その時のマクマーフィのやられた!とニンマリとする表情と全く同じ表情を画面の前で僕もしていましたね笑。

 マクマーフィが連れ込んだ女と病院内で夜を明かした入院患者のビリーが、ラチェット婦長の脅迫により自殺に追い込まれたことに激昂したマクマーフィは、その場で婦長を絞め殺そうとしたため、そのまま隔離されます。彼の帰りを待つチーフでしたが、病室に戻ってきたのはロボトミー手術を受け、廃人同然と化したマクマーフィでした。その姿を見たチーフはベッドで彼を殺し、自らはマクマーフィに関わる洗面台の石を窓に放り投げ、脱走していくのでした。

タイトルの意味とは

その前にまずカッコーの生態について。有名な話ですが、カッコーは自らで巣を作らず、その卵を別の鳥の巣に忍ばせます。カッコーのヒナは他鳥の卵より先に孵り、あろうことか元々あった卵を巣から蹴落としてしまうのです。原題である、”One Flew Over the Cuckoo's Nest”のOneとは、外からthe Cuckoo's Nest(=精神病院)にやってきたマクマーフィの存在を含意しているのでしょう。

ここでの他の鳥とは、巣の持ち主である院長やラチェット婦長、そのヒナ(卵)は入院患者たちに置き換えられます。入院患者(チーフ)はマクマーフィがいなければ脱走しようとは夢にも思わなかったのですから、まさにマクマーフィによって「蹴落とされた」のです。カッコーのヒナが蹴落とす卵は数合わせのための1つであることが、脱走の意思を示したのが最初から最後までチーフだけだったことの裏付けにもなります。さらに、最初と最後のカットがこの話の筋道を物語っています。最初のカット、ぼんやりと映し出された田園風景の中をマクマーフィの乗った車が走ってくるカットと、最後のカット、走っていくチーフの後ろ姿を映し出すカット。この構図の似通った(流れる音楽も確か同じだったはず…)2つのカットこそが、この物語が、巣にカッコーがやってきてから元々の卵が蹴り落とされるまでの物語として一貫している、と示しているのではないか。そんなことを考えました。

以上のように練られた脚本・構成だとは思うんですが、しかし一方で、どうも映画の世界観に完全には入り込めない自分がいました。それはなぜなんでしょうか。

世界観に入り込めない…なぜ?

この映画は抑圧する側の病院と、抑圧される側のマクマーフィの二項対立をその軸としています。一般的に言えば二項対立を主軸とする作品において、観客は主人公側に肩入れするのが普通です。例えば映画「レヴェナント」で、トム・ハーディに肩入れする人はなかなかいないでしょう。「ターミネーター」では皆がシュワちゃんを応援します。

また、肩入れされるべきでない人が魅力的なあまり、両方を応援してしまうこともあります。「ダークナイト」のジョーカーや「イングロリアス・バスターズ」のランダ大佐がそうです。

 ところがこの映画は、そのいずれにも当てはまらない気がするのです。ラチェット婦長は確かに嫌な奴ですが、彼女がしたのは至極全うなことです。言うことを聞かない患者を宥め、時には諌める。院長に至ってはマクマーフィの退去、つまり抑圧の拒否さえ提案します。

一方のマクマーフィは病院に女を連れ込んだり脱走したり、いかにも鼻つまみ者ですし、患者側も一致団結しているというわけではありませんでした。むしろ彼らは、自分たちから望んで病院に入っている人たちなのです。

つまり、本来肩入れされないはずの、悪の権化として描かれるべき病院側の行動は理にかなっている一方、味方すべき主人公側の行動には違和感を覚える所もあるし、団結による闘志も薄い。このねじれ構造こそが、この映画の世界観に入り込めない理由なのではないか、と思い当たりました。

それでも名作であることに変わりない

ただいずれにせよラストシーンは極めて印象的ですし、ジャック・ニコルソンの演技も光る名作です。見て損になることは絶対にないので、一度目を通してみることをお勧めします。