読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fermongの万年筆

本、映画、街歩きで見た、聞いた、感じたことについて

ブログを始めました。

はじめに

初めまして、fermongです。

常日頃から僕は小説や映画、旅行、街歩きを趣味としているのですが、そこで感じたこと、考えたことを発信する場を、と思い立ち、ブログを始めた次第です。

実際の友人とでも共有しておけば良い、という指摘はもっともなのですが、僕自身、限られたメンバーとしか交流できていないのが現状であり、もっと幅広い視野を持ちたい、とこのインターネットの大洋に漕ぎ出しました。

まだ一隻の小舟でしかありませんが、よろしくお願いします。

 まずは自己紹介から。

fermong…筆者です。関東在住。男。小説・映画なら古今東西問わず幅広く鑑賞します。国内旅行に傾倒していて、貧乏旅行を重ねた甲斐あってほぼ全ての都道府県に上陸し、多くの都市・農村を見て回りました。その経験もブログに盛り込めたらなと思います。

ブログの趣旨・方針

記事内容は以下の4つに絞るつもりです。

  1. 書評 (主に小説)
  2. 映画評(主に洋画)
  3. 都市・地域評(日本国内)
  4. 雑記

雑記とある時点で絞れていない気もしますね…笑。3つ目の都市・地域評というのは、国内の都市やその中の地域を訪れた際に、違和感を覚えた点、興味を惹かれた点、についてそれぞれの都市・地域ごとに記すつもりです。その地域の歴史・地勢も織り交ぜた考察も加えられたらな、と思います。評、と書くと偉そうですが、単に僕という一個人の抱いた感想、程度に思ってください。どんな内容になるか未知数ですが。

1、2は単なる書評、映画評です。独自性を出せたらな、と思います。

 これぐらいでしょうか…。こんな意気揚々とした記事だけ公開しておいて更新がない、何てことがないように努めます笑。

 ブログのタイトルは小川洋子さんの短編、「キリコさんの失敗」に登場する万年筆からとりました。主人公の「私」にとって、父からもらった万年筆は、世界のあらゆる存在を文字にすることでそれらに意味を与えることのできる、いわば魔法の道具でした。

このブログがその「万年筆」のように、世界のどこかの何かに少しでも、自分なりの意味を与えることができたらな、と願ってやみません。